製作日記 17年07月

戻る

07/24

最近ソシャゲにハマってます

最近は色々なゲームが手軽に

遊べるのはいいですね~

Twitterで私は過去に

課金は無駄と言う中学生が

インタビューを受けている画像を

見たことがあります

人によって色々意見があるとおもいますが

そもそも【無駄】とは何かというとこを

色々考えてしまいました

最近では無駄という言葉がマイナスイメージが

凄く強いものになっています

私的な考えでは

無駄とは余裕を有意義に使う行為であると

考えています

無駄をすることで精神にゆとりができるなど

とても得るものが多い行為だと思ってます

ただやはり無駄は無駄という人が

いるかもしれません

しかし昔からうるおってる人が

消費することでいろんな人に

お金が回るようになるため

本人にも他にも有益な行為なのです

今の無駄の悪いイメージは

もしかすると

金持ちに対するやっかみであるのかもしれません

無駄はおろかで悪

倹約は正義

みたいな風潮がどうも今の世の中みたいです

いやいや生活厳しい人多いし当たり前だろ

という人がいるかもせいれません

私も生活は厳しい方です

ただその風潮は変えないといけません

そしてこう言いたいのです

金持ち無駄【消費】しろ

っと

 

  

07/17

最近の私の絵見ていて思うとこが

色々とあったりします

カラー絵など気合の入った絵ほど

体をリアルに描こうとしてしまうとこです

先月描いた村紗のイラストなどが

いい例ですね~

体をリアルに描こうと言うのは

悪いことでは無いのですが

問題は顔とのバランスです

顔と体のリアルさのバランスが

開けば開くほど

違和感のある絵になってしまうようです

いろいろな絵の

キャラの首辺りから視野を広げて

顎のラインと鎖骨のあたりを

同時に見るようにして徐々に全体を

見てみると

このバランスがよくわかると思います

上の村紗のイラストはまだいいほうですが

私の一昨年の年賀絵などを

この方法で見たりすると…

顔がのっぺりしてる割に

体のラインをしっかり描いてたりしてて

かなり恥ずかしい出来で有ることに

改めて気が付きます

とは言え

よくあるイラストのキャラの顔というものは

そもそもデフォルメされているので

体をリアルに描けば差が出るのはある意味

当然といえば当然です

顔をリアルに描きたいとこですが

目などを小さく描いて

可愛さがなくなっては本末転倒

目は日本人が顔のパーツの中で

重要視している度合いをそのまま

大きさで表現したようなものなので

大きくてもそこまで違和感が無いようです

じゃあ何処をリアルに描いて行くかというとこですが

私的には

まぶたの上のくぼみ

下唇

顎のライン

この4箇所を上手く描いて

顔のリアルさを上げて行こうかなと思ってます

 

まぶたの上のくぼみは

影を描くだけでそこそこ顔にリアルさがでてきます

顎のラインは人間の年齢が出るとこなので

キャラの年齢を若く見せたいほど

なだらに描くといいようです

顎の先に丸みを描いて凹凸を少し

描くくらいでリアルさが上がるみたいです

この2つはキャラのイメージを

あまり変えずにリアルに出来るとこですかね~

問題は鼻と下唇です

この2箇所は普段あまり気にしないポイントなので

ちょっとでも目立ように描くと

一気に気になるポイントになって違和感が

発生してしまう用に感じます

とくに鼻の穴などはチョンとでも描くと

一気に違和感が出たりもします

これは顔全体のリアルさが足りないため

鼻が目立ってしまう為かもですね

この2箇所は違和感が出やすい分

ほんの少しだけ強調させるだけでも

リアルさが増す要素だと思います

私は鼻には結構こだわりがあって

好きなパーツでも有るので

試行錯誤して

綺麗に描けるようになりたいとこですね~

そして顔のリアルさを上げることで

体のリアルさの表現の

上限もあげていきたいとこですね~

今後はこれらをポイントに

絵の練習をしていきたいとこです

漫画などにも取り入れて行きたいですね~

というか…

日記に書くと行くことで

半場無理矢理にでも実行していくようにするという

自虐的なやり方だったりもしますw

 

 

07/10

先週の土曜日の朝

急に熱が出て倒れてしまいました

Twitterに38度あたりとツイートしてから

急に寒気が全身に走って

その後しばらく横になったあと

1時間経たない位で目が覚めると

全身がしびれる感じで熱を測ると

39度まで上がってました

流石にこれは命の危険を感じました

人は40度まで熱が上がると

タンパク質が凝固し始めますので

内部からやられちゃうわけなのですよね~

冷蔵庫から凍らせた保冷剤を

全身に貼り付けてエアコンで

室内温度をできるだけ下げて耐えるという

感じで体を休めることにしました

正直このあたりで救急車読んでれば

もう少しらくだったのでしょうけどね~w

幸い実家ぐらしなので午後に

父が帰宅した時に病院に連れて行ってもらいました

とは言えそのときには

熱もある程度さがってたようで

色々診断を受けて帰宅しました

症状はウイルス性の症状らしく

傷口などから菌が入ったらしいとのことですが

原因は詳しくわからないとのことです

翌日も38度以上の熱が出てうなされましたが

39度と比べると全然マシなほうですねw

食事も水分もとれますし

なにより死ぬってこと考えなくていいのが

一番のちがいですかね~

いまは体調は戻りましたが

体力はまだまだ戻ってない感じなので

徐々に本調子に近づけていきたいとこですね~

 

 

07/03

7月ですね~

パソコンに負担がかかる暑い季節がやってきました

そして台風も近づいてきましたね

明後日にはこちらに上陸しそうです

北側通過なのでこちらは結構

大変な事になるかもしれませんね~

 

では先週の話です

先週はシルフルの漫画一部のページの英語翻訳を

Twitterで頼まれたので

その作業をしてました

出来たのはこんな感じになってます

上は3話でリースが弾丸を止めた次のページですね

私の英語力は正直いうと無いようなもなので

翻訳は基本的にはGoogle翻訳ですが

正直翻訳の正確さは結構微妙

なのでいちいち単語の意味を検索して

意味がちゃんと翻訳されてるか確認したり

一度英語に変換したものを再び日本語にしてみて

略が変になってないか確認したりしてます

一番困るとこは

日本語では表現出来る言葉が

英語では無いときですね

有名なとこで言えば「もったいない」

これは英語に直訳することができません

こういった直訳出来な言葉に当たったときは

本来のセリフとは違った言い回しにしないと

行けないのでそのあたりを考え直したりしてます

後は言い回し的に

曖昧な日本語では変換してくれないというもありました

どんな言葉が曖昧かというと

先程 「一番困るとこは」と書いた言葉も

「一番に困ってしまうと感じたところは」と

書かないと違う意味に変換されてしまったりします

むずかしいところですね~

  

そして翻訳をやり終えて思ったことは

今まで興味がまるでなかった英語に

興味が出てきたことですね~

今までどれだけ興味がなかったかというと

昔ブラウザ三国志で

一ヶ月攻防しあった相手の名前が

スペル表記だったのでまるで頭に入っておらず

数日後クールが変わって本拠の配置がかわり

偶然攻め込んだ先にその人も居たらしく

メールが来て今回は何処にも所属してない私を

狙いに来たのか?粘着するの?とか言われて

誰だこいつ…?って思ったことが有るほどでしたが

今は英語表記が有ると

何が書いてあるか気になるようになってきてます

これからは英語の方も少しずつ

学んでいきたいとこですね~

 

 

戻る

inserted by FC2 system